2016年9月28日水曜日

バリ島・No1ジャパニーズソング編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

神々の国・バリ島。

世界中から毎日多数の観光客の方が訪れます。

仕事の方も勿論いるのでしょう。

しかし、バカンスに訪れる方が最も多いのでは無いでしょうか?

ゆったりとした時間に、優雅なひと時を過ごす、何とも言えない時間ですよね。

さて、今回はNo1ジャパニーズソングと題しましたが、間違い無くバリ島の人と話した時

言われるのが音楽の話しです。

こちらが、言葉をあまり話せないと特に挨拶がわりに言われます。

その曲とは・・・

五輪真弓さんの『 心の友 』

ん?

と、思う方が多いのでは無いでしょうか?

私も、年齢にしては40歳近いですから人生の折り返し地点も過ぎた辺りですが。

心の友?

知りませんでした。

その前に、インドネシアの方がとても親日家ということを、ご存知でしょうか?

バリ島が何故、親日家と言われているかというと、やはり戦争中の植民地からの解放、

その後の経済支援によります、学校建設等で大きな功績を残し、

『 心の交流 』があったからにほかありません。

やはり、その頃の日本の文化を今も語り継いで下さる、バリ島の先人の方々が沢山いらっしゃる。

これって、凄く素晴らしい事では無いでしょうか?

どこの国とは書きませんが、他国大国におきましては、植民地解放に協力した日本に対して、

かなり攻撃的な発言、行動をしてきます。

まー悲しいですがその話しは置いといて。

日本的な、一宿一飯の恩義を忘れないここバリ島の方々は、本当に素晴らしい

共通の友人であると、そう心の友なんです。

とても嬉しく思います。

海外旅行に来られる方の中にも、外国人に対してアレルギー反応を起こす方も多いのでは?

しかし、考えてみて下さい。

旅先では、私達が外国人なんですよね。

だから、特にバリ島の人々は皆兄弟と思いフレンドリーに触れ合ってみて下さい。

バリ島に来る前には、1度『 心の友 』を聴いてから来たら、絶位に盛り上がる事間違いなしです。

では、この辺で。



2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年9月25日日曜日

バリ島・マネートラブル・海外送金編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

神々の国・バリ島。

贅沢な時間に、優雅なひと時。

食に人に文化に、日本とはまるで違う異世界に迷い込んだそんな時間を過ごせるバリ島。

人々は優しく、気候は常夏。

何も言う事ありませんね。

トラブルさえ無ければ・・・

さて、私のリアルバリニーズ滞在記でも何度かご紹介させて頂きました、マネートラブル。

簡単に説明させて頂きますと、初海外でそのままロングステイをスタートした私。

日本から持ってきたキャッシュカードは、全部で2枚。

もう何年も使っています。

1.楽天VISAデビッドカード。

日本でインターネットカジノで入出金に使ってました。

2.ネッテラーマスターカード。

もともと、日本には戻らないつもりだったので煩わしいクレジットカードは全て解約、

勿論携帯電話も解約し、覚悟を決め上記2枚のデビッドカードを手に、

海を渡り7時間掛けてこの異国の地に降り立ちました。

当初は、日本円を現金にて所持していましたので、普通に生活を送ってました。

しかし、異変に気付いたのは観光ビザの延長手続きを済ませていなかったために、

2か月は観光ビザでゆっくり出来るなと思っていたら・・・

入国時に35US$払わなきゃいけなかった。

後でイミグレで延長手続き出来ると思い込み、気付いた時には、ビザ切れまであと10日。

完全に私のミスでした。

そんなこんなで、急遽ビザエージェントを見つけシンガポールへソシアルビザ取得へ。

初めてのシンガポールなので、タイムロスを少しでもなくそうと、バリ島に居る間に

シンガポール・ドルへマネーチェンジもしておこうと。

手持ちの日本円が、残り僅かだったのでATMで出金してマネーチェンジするかと。

アレ?

楽天カードが使えない・・・

おいおい、待ってくれよ。

俺のお金の全てが入っている楽天カードが使えないって、ヤバイぞ。

1か月滞在して初めて使えない事に気付きました。

残りの日本円の手持ちも僅か。

仕方なく手持ちの日本円をマネーチェンジし何とかビザ取得は対応しました。

参ったな・・・

しかし、まだネッテラーカードがあります。

デンパサールのATMで使用してみた所、使えた。

良かったー。

そして、飛行機に乗りシンガポールへソシアルビザを取得に出発。

手持ちの現金は、エージェント代で使ってしまいました。

シンガポールでは、ネッテラーカードで出金し食事は何とかなるなと。

アレ?

デンパサールのATMでは、確実に使えていたネッテラーカードが使えない?

まさか・・・

そこで、ネットワークエラーか何かだろうとゼブンイレブンで、水を買う事に。

天下のゼブン&ホールディングスなら間違いないだろうと。

しかし、使えない。

そんな事で、結局食事も出来ずパスポートが戻るまで、ショピングモールの階段で待機。

ここから、大変な時が始まりました。

バリ島に戻り私の会社のスタッフの力により、詳しくは書きませんが、騙し騙しの少額なら

ネッテラーカードでの、出金が出来るようになりました。

最高でも、日本円で15,000円程度の出金ですが、まー何とか生活出来るかと。

そんなこんなで、迎えました7月某日。

家賃を払うため、ATMへ。

無事、出金し支払いを終えました。

小腹が空いたなと、財布を見るとお金が無かったのでATMへ行きました。

アレ?

出金の全ての行程を終えたのに、お金が出てこない?

ほんの、2時間前に出金したばかりですからカードに問題は無いはず・・・

しかし、この時点でデンパサールの悲劇が頭によぎる。

私の全財産をストップした、楽天のあのデジャブが脳裏に・・・

まさか、まさか、まさか・・・

多分、ネットワークの関係だろう。

デンパサールでも、一度ありました。

ネットワークの不備により、日本人の私だけじゃなく、全ての人がその地域にてATMが使えない。

そんな事も経験済み。

まーそんなとこでしょう。

しかし、場所を変えても全く同じく出金出来ない。

それから3日間、私は飲まず食わずの状態が続くのです。

おかしい?

カードに傷でもあるのか?

じっと見ると、そりゃ少しの傷くらいありますわ。

そこを、眼鏡クリーナーの繊細な布で拭き拭き。

これでイケるでしょう。

しかし、結果は同じです。

3日後、やっと理由が分かりました。

ネッテラー銀行が、システムのさらなる向上のため、日本人のネッテラーカード保有者全員の

ATMでの出金を停止しますとの事。

そんな、マンガみたいな話しってありますか?

しかも、日本人だけって・・・

楽天のセキュリティーロックは、納得いきませんが、

今迄ずーーーっと日本でしか使っていなかったのに、いきなり海外での使用

盗難の恐れあり

私が、仕事のため地方に初めていきカードを使った時も、楽天・セブン銀行のカードが

盗難の恐れありでロックがかかった事がありましたから、ましてや海外。

未だ、アンロックされない事は納得いきませんが、そんなケースもまた然り。

しかし、虎の子のカードが日本人のみを対象に出金をさせないなんて。

漫画にもなりゃしない。

さて、前置きが怒りのためと絶望のために長くなりましたが、

ここから私の一切のカードが無い状態での、リアル海外送金編のスタートです。

さて、下記に大まかに海外送金の方法を挙げますと次の通りになります。


1. ウエスタン・ユニオン銀行による送金。

2. 郵便局、郵便小為替による送金。

3. インドネシア人の友人の銀行への振込み。

4. PayPalで送金し出金する。

5. ゼブンイレブン・大黒屋の海外送金サービスにて、現地で受け取る。

6. 海外在住者、VISAカード発行サービスを使い海外にてカード受け取り、

  日本からの入金を受け取る。


他にも、だいぶ新しい送金システムも試しましたが、結局の所インドネシアでは使えませんでした。

なので、記載するも疲れますので私でなければ受け取り可能な候補のみを紹介します。

先に話しておきますと、ことごとく全て失敗に終わりました。

なので、成功事例では無いため参考になるかわりませんが・・・

しかし、私でなければ可能という部分を踏まえて、どうしてダメだったかのケース。

他の方ならイケるかもをお伝えします

さて、まずは


1. ウエスタン・ユニオン銀行による送金。

試みましたが、インドネシア・バリ島はテロがあった影響により、少額、高額問わず

受け取りに規制がかかるとの事。

結局、人次第なとこはあるので特にインドネシアという国は、良い担当者に当たれば受け取れる

可能性もありますが、今は現地の方の名前でも厳しいようです。

しかし、日本人の名前でいけるかも知れません。

しかし、高額な手数料と受け取りにはマイナンバーが必須。

私の場合、マイナンバーが分からないので試せなかった部分がありますので、

もしかしたらマイナンバーがある日本の方なら受け取れるかも。

しかし、調べた結果ですがマイナンバーがあった方で、受け取れずテロ資金の恐れありと、

没収された方が最近います。

ですから、受け取れるかは・・・

タラレバ話し程度かなと・・・


2. 郵便局送金

    ずばり、日本の郵便局側からやっても良いですが、届くかは保証出来ない。
 
  との、御墨付き?を頂きました。

     基本的に、日本からの郵便物ですら私も何度か送って貰ったのですが、

  手もとには届いていません。

     郵便物に感じですが、こちらから送った物は、日本に無事に届いています。

     郵便局側の話によると、盗まれてしまうケースが多く、追跡してても無くなってしまっては

  追跡の意味なしとの事。

     また、受け取りにはマイナンバーが必要。

     私にはもともと無理なので、バリ島の知人の名前でやるつもりでしたが、断念しました。


3. インドネシア人の銀行口座に送金

     これは、理由はわかりませんがいくらやっても、お取り扱い出来ませんと成りました。

      BRI銀行に送金を試みたのですが、システムの関係なのか?

      海外送金の受け取りは、何か別手続きを口座開設の時や追加でしないといけないのか?

      実際、知人がその口座を使ってバリ島のATMにて出金してるのも見てますから、

   こちらでは問題無く使えている口座です。
   
   分かりませんが、送金出来ませんでした。


4. PayPalで送金し出金して貰う。

    この項目につきましては、最大のピンチ続々編で書きましたので割愛します。

  気になる方は参照のこと。

     簡単に書きますと、インドネシアにはPayPalが上手く対応して無い感じです。

     バリ人のPayPal使用した事のある方の話でしたので、間違いないかと。


5. ゼブンイレブン・大黒屋の海外送金サービスにて、現地で受け取る。

    これに関しましては、またまたマイナンバー必須でした。

    なので、他の方ならイケるのかもしれません。

     しかし、大黒屋に関してはウエスタン・ユニオン銀行対応なので、

  上記ウエスタン・ユニオン銀行送金のパターンでダメもあるのかと。

     また、ゼブンイレブンに関しましては、バリ島には、私の知る限りゼブンイレブンがありません。

     ジャカルタまで行かなくては行けませんのでそのお金があるなら、バリ島で生きていけます。

     また、マイナンバー必須です。


6. 海外在住者、VISAカード発行サービスを使い海外にてカード取得。

  日本からの入金を受け取る。

     これに関しましては、日本とアメリカとかのケースはありますが、どれだけ調べてもイン ドネシア

  での成功例が無いので未知数。

     また、在住者登録証がなきゃダメなので、インドネシアの場合はKITASが無いとダメですね。

     よって、試すことは出来ませんでした。


以上、先にも書きましたが他の可能性もかなり試しましたが全くダメでした。

上記は、私でなければイケるかもしない可能性のあるものを、参考になればと掲載しました。

要は、マイナンバーが分かる方やKITASをお持ちの方・・・

まー何にしても自分名義のカードが無いと本当に境地に立つということです。

例えば、PayPalに関して言いますと自分のクレジットカードさえあれば、必ず対処出来ました。

私のカードが使えないために、結局引き出しが出来ない。

よって、バリ人の友人の名前でやったため、色々な齟齬もあり出金出来なかったのです。

ネッテラーに関しても、ATMの利用は出来ませんが、個人間送金や登録のカードに出金。

勿論、自分名義と成りますが、それがあればそちらのカードに移して出金可能ですが、

その登録カードは、楽天カード・・・

だから出来ず。

また、日本からの私の名義では無いですが、友人がカードを送ってくれましたが、

追跡の結果、不正な郵便物ということで送り返されました。

基本、クレジットカードなんかは郵送の規制があります。

考えてみると、先にも言いましたが私じゃなきゃいけるケースもあるなとは凄く思いますが、

リアルタイムにヤバいのは私です。

こんな感じで、私のカード無し海外送金編は失敗に終わりました。

ひとつ言えることは、準備は怠らずやらなきゃとんでもない事になるという事ですね。

しかし、神の降臨。

その話しはまたの機会に・・・

では、この辺で。




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年9月21日水曜日

バリ島・交通ルール改正⁉️ 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

神々の国・バリ島 (^○^)

バカンスと言ったら、バリ島を想い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実際、海外セレブも訪れ優雅な時を過ごしています。

また、老若男女問わず世界各地から、一人旅を楽しむ Back Packer や家族旅行に

新婚旅行や恋人との甘いひと時を過ごすカップル迄・・・

さすが、バリ島ですね。

多くの方に、愛されるこの国でこの度、大きな動きがあるとの情報をキャッチ。

しかし、根本はバリタイム?

的な所が有りますし、大して変わらないだろうと思い、いつもならスルーする所なのですが

今回の交通ルール改正に関しては、要警戒と思いましたのでお知らせします。

何故、要警戒かと言いますと、今迄も色々ありました法改正と違って大きく警察官にとり

有利な法改正と成ってます。

これは、危険です。

要は、今迄賄賂が当たり前のバリ島でしたがその賄賂よりも利幅が大きい

法改正が成されるとの事。

しかし、インドネシアなのでこれが本当に施行されるのか否か❓

未知数な所は有るのですが、通達がされたとの話し (´・Д・)」

らしい⁉️ので、特にソシアルビザや観光ビザで軽い気持ちでバカンスを愉しまれてる方。

かなりの要注意だと思います。

日本の免許証に関しては、インドネシアでは国際免許としては利用出来ません。

その他、オーストラリアやアメリカの免許証に関しては、

そのまま国際免許としての利用が可能なんです。

だから、免許証系の話しに関しては日本人しか騒がない(≧∇≦)

よって、騒いでも御上に迄話しがいく訳が無い。

未だ常任理事国入り出来ない、日本の外交の弱さがズバリ出ている。

短期の観光なら、ま〜良いかで済みますがロングステイされてる方、また御計画の方。

その方々には、死活問題。

海外生活において、まず欠かせないのは・・・

第1位・通信手段の確保

第2位・移動手段の確保

第3位・誠の心を持った友達

私の初海外生活で思いました事ですが、この3項目が満たされない事には

かなり、キツイのは間違いありません。

またまた〜、そんな事無いよ〜と言われる方も居るかも知れません。

でも、考えてみて下さい。

戦争が起こりました。

まず、狙われ空爆の対象になるのは通信施設です。

そして、その通信施設が破壊された時にはあの大国、

 アメリカですら撤退を余儀なくされます。 

その位、密接に影響が有るのは通信手段のなんです。 

日本の総務省発表の、訪日外国人観光客の統計を見れば一目瞭然。 

Wi~Fiの無い地域には、海外の旅行者はほぼ皆無。

 例を挙げますと、九州地区。 

同じ九州にありながら、福岡の訪日外国人の数は年々うなぎ上り。

 しかし、熊本なんかは福岡の目と鼻の先に有るのにも関わらず、鳴かず飛ばずな状況。 

統計を見ると、勿論の事で第1位は東京。 

やはり、Wi~Fiがあるか無いかではかなりの集客にも差が出るのが現実。

よって、第1位は通信手段。

 第2位の移動手段の確保。 

これも、通信手段が満たされたからといっても移動出来なきゃ意味が無い。 

特にバリ島は、未だ電車がある訳でも無いので確実に移動するなら、バイクか車です。

車に関しては、税金の高さがシンガポール同様にありますので、

なかなか庶民には高嶺の花。

 もっぱら、バイクが庶民の足。 

大人から、子供までバイクは1番愛されてる乗り物です。 

私も、日本では車愛好家でしたがバリ島に来て、車じゃ駄目だなとおもいました。 

渋滞が半端では無い。 

しかし、今はゴジェックなるバイク・タクシーのビジネスが全盛でして、

バイクが無くても低価格。

 ノー・ネゴシエーションで移動可能。

 でも、移動手段が無い事には寝たきりおじさん状態 (´・Д・)」

 よって、第2位は絶対に交通手段が必要。 

さて、話しは今回の交通ルール改正に戻します。

大まかに下記改正案が施行されるらしいです。

交通違反の罰金一覧( 改正後の一部抜粋 )

車検証明書の不携帯 : Rp 500.000

運転免許証の不携帯:Rp 250.000

ヘルメットの不着用:Rp 250.000

同乗者ヘルメットの不着用:Rp 250.000

シートベルト不着用:Rp 250.000

赤信号無視:Rp 250.000 / 車、Rp 100.000 /

バイク 停止中のハザードランプ無灯火:Rp 500.000

路上でのドア開閉:Rp 250.000

基本装備の不備:Rp 250.000

車両登録番号の不備:Rp 500.000

運転中の携帯電話使用:Rp 750.000

ミラー、クラクションの不装備:Rp 250.000 / 車、Rp 250.000 /

バイク 道路標識無視:Rp 500.000

バリ島警察本部からの交通違反に関する新情報です。 

バリ島内では、交通ルールや違反について様々な噂があります。

しかし、今迄も話しはあるが具現化する事の少なかった、規制の変更。

ですが・・・

上記までは、良くある法改正案。

今回は、ヤバいな~と感じた一つに警察官にとって有利な法改正なんです。

下記記載内容です。

 ➀ 警察官に示談交渉 (賄賂の提案) をした場合。

 ➁ 警察官は現行犯逮捕をして、後日裁判で処理を行うことが出来る 

     新たに改正された交通ルールの1つだそうです。 


これは警察署から全ての警察官に指示されていることで、もし一般市民が警察官に賄賂を渡し、

その警察官が一般市民を訴えた場合、一般市民1人当たりにつき、

Rp 10.000.000 (約 9万円) のボーナスを警察官は受け取ることが出来、

一般市民には懲役10年が課せられる。

 示談交渉で警察官に渡す現金は、これまで大体 Rp 50.000~100.000 とされていましたが、

この新ルールにより、警察官が罠を仕掛ける場合があるかもしれません。

だって、目先の小銭よりも先の大金。

最高な、条件変更な訳です。

なので、御注意下さい。

そうでなくとも、賄賂大国と云われてきたバリ島です。

人を殺しても、結局裁判はお金のある方が勝つ。

未だに、それが現実なのがバリ島なんです。

今、ジャカルタにおいて簡単に言うと、ヤキモチ殺人がありました。

原告・被告側共にお金があるから、かれこれ24回裁判をしていますが解決せず。

話しが、逸れましたが今回の交通法改正案。

御注意下さい。



2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram




2016年9月18日日曜日

バリ島・最大のピンチ続々編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

世界有数のリゾート地として名高いバリ島。

実際、季節を問わずと言ってもバリ島は常に常夏ですが( ^ω^ )

多くの観光客で賑わっています。

この高級感溢れた時間が堪らないのだと思います。

さて、最大のピンチ続々編と題しましたが、お前の話しはもう良いよ。

仰る通りですので、続編的な表題となりましたが今回はインドネシアのPayPal事情を

お伝えします。

あまり、私の様なトラブルで困る方は少ないと思います。

私の現象は、『 意固地トラブル 』

そう私自信が思う位の、簡単な解決策があるにも関わらず意固地に粘る。

端から見たら、何を書いてんだと?

簡単な解決策は、ズバリ日本に帰って出直せば良いじゃないか?

ですです(≧∇≦)

ですです(≧∇≦)

まさに、その通りなんですがここが頑固なんて言いますと頑固者の称号を持ちます

諸先輩方に申し訳ないので、意固地者とでも名乗るかと思っておりますが・・・

なので、日本に帰れよ〜〜との御意見ごもっともですが。

絶対に帰らずやり切った時が、私のリアルバリ島滞在記の完結と決めてるので

そこは、言わないでやって下さい。

私の人生を振り返りますと、横道に逸れる事ばかりでした。

イコール = 楽な道を歩いて来た。

日本では会社も設立し、ある程度東京の地にて裕福な生活を送り。

愛すべき人と、愛犬との例えようのないほど幸せな生活がありました。

しかし、人は幸せに慣れてしまう生き物なんですね。

そして、本当に大切な事って目の前にしか無いのに近過ぎるからなのか?

灯台下暗し・・・

失ってから気付くんですね。

1番大切な人を、1番傷付けていた事に。

そんなこんなで、始まりました私の新たなスタート。

横道にそれずに、真っ直ぐに生き切ってみたい。

イヤイヤ、それとこれとは違うでしょう。

インドネシアでも、人の助けに甘えて横道にそれてないか?

かも知れませんね。

分かっちゃいますが・・・

もう少しやってみたいんです。

と、前置きが長くなりましたね。

本題のPayPal事情です。

前回、お話ししました私のバリ島の友人N氏の名前で作ったPayPalですが・・・

何をどうしても、出金出来ない。

基本 3ステップで利用可能に。


  1. 基本情報の登録
  2. メールによる認証・ログイン
  3. カードの登録
以上で大丈夫な筈なんですが、全然ダメ。

しかし、少し不安があったんですがクレジットカードの登録の際に何度かやってもダメ?

よくよく聞いたところ、デビッドカードだったんです。

もともと、全員のバリ人という訳ではないのですが基本的にクレジットカードを

持ってない人が私の周りには多いです。

デビッドカードは持ってるのですが、デポジットのシステムが日本と違い保証金的に搾取

されてしまうシステムなんですね。

だから、持ってはいるけれど使って無いですね。

ニコニコ現金払いが、リアルバリニーズです。

そんな事で、まずはメールの認証の所までやりました。

その時点でも、PayPal からの入金は受けれますのでまずは第一関門クリア。

その後、銀行口座登録でも出金は出来るみたいなんで登録しました。

が、しかし・・・

またまた、出金が出来ないんです。

認証迄の時間がある程度かかるのは、確認してますが・・・

それにしても、かかり過ぎだろー(≧∇≦)

しかし、私が友人N氏に代わりgmailの取得・PayPalの登録・ログイン・口座登録。

全てやったのですが、何かミスをしたのかな?

しばし、自問自答。

何か引っかかるなー?

再度、全情報を確認しました所、驚愕の事実が(≧∇≦)

N氏のIDカードと口座情報の名前のスペルが違うんです。

一部書きますと、SUWがIDネーム。

口座が、SWでしてUが抜けています。

これでは、本人確認書類としては不備どころか使えません。

これには、N氏にも話したのですがバリニーズ的には大丈夫との事。

私も、最近はバリニーズをこよなく敬愛してますのでそれも分かるんですが。

それが一番の原因だった様です。

しかし、まだ落とし穴がありN氏の家族でPayPalを持っていた人がいまして

これは、そちらに送金すればイケるぞと思い話しましたが・・・

やはり、情報のミスは勿論致命的ですがインドネシア人のPayPal登録はダメなんだよ。

と、家族の方も以前に再三にわたりトライした様なのですがダメだっ様なんです。

恐らく、クレジットカードがあればいけるとは思いますが。

そんなこんなで、私の様なケースは少ないですから参考になるか分かりませんが。

PayPal登録インドネシア事情でした。

下記InstagramとTwitterもやってます。

Instagram
https://instagram.com/noticetomo/









2016年9月14日水曜日

バリ島生活・最大のピンチ続編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

神々の国・バリ島生活に挑んでいます私は、最大のピンチを迎えました。

と、前回私の唯一無二のネッテラーカードが日本人会員を対象にシステムの向上?

を、理由に使えなくなったと書きました。

その後の、続編ですが散々な事になっております。

ビザ代や家賃が間近に迫ってるこの状況。

ウエスタン・ユニオン銀行にての送金も、試みましたがやはりテロの影響で確実性薄。

タイムリミットまで、あと僅か・・・

苦肉の策、バリ島生活で私の一番の理解者のN氏(バリ人)の名前を借りる事に。

何をしたかと云いますと、N氏の名前で PayPal(ペイパル ) のアカウントを作る。

そして、日本からの送金を受け取りN氏の口座に引き出し受け取る作戦 (≧∇≦)

しかし、登録は簡単で直ぐに入金の確認も出来たのですが、銀行口座の認証の為か?

未だ口座に引き出しが出来ていない状況。

ビザ代が先だったのですが、それは PayPal に着金を確認して貰い、先付けでお借りする。

それで、何とか対応して貰えました。

しかし、その数日後となります。

家賃・・・

もう既に、出金出来ていない形にてビザ代 Rp750,000も先付けで貰ってるのに。

今度は、家賃の先付けとなるとRp1,550,000です。

さすがに、PayPalに確実に入金が出来ていてもまだ出金して無いのに。

甘えられず、昨日の 9月11日より宿無しとなりました。

色々と考えた結果、暖かい常夏の島。

外で寝ても死にゃしないだろう( ^ω^ )

との、見解に達しました。

私の見解ですがね(≧∇≦)

ひとつ不安な事があって、PayPalですが勿論インドネシア語でのやり取りにります。

サーバーエラーで、翻訳の方が上手くいかず少しづつ別に翻訳を入れて見てます。

しかし、この翻訳もなかなか曖昧な所があってもしかして登録にミスがあったかな?

そんな、心配もありましたのでやはり、出金を確認出来るまでお金を借りる事は駄目。

そう考え、これぞバリ島・リアル滞在記の幕開けだ〜と1人違ったテンション・アップ。

本来は、家賃分の送金も出来てますから借りちゃえば良いという方もいました。

しかし、インドネシアの平均月収がRp2,000,000〜3,000,000と言われています。

そこは職種により、差はあるでしょうから私の友人のN氏がどれ程の収入を得ているかは

わかりません。

でも、N氏には可愛い一人息子にお母さんの生活を支えているという大事な事があります。

私のやってる事は、簡単にお金を借りるとか土足で人の家に上がり込んでるのと

変わらない最低な事だなと思いました。

よく日本に帰れば良いじゃん的な話しも出たりします。

日本に帰れない理由は無いが、帰りたく無い理由はある・・・

そんなトコなんですよね。

それこそ、私の勝手な理由ですからね。

人様に迷惑を掛けちゃいけないんですよね。

そんな事を言いつつも、寝床が無いのはかなりのピンチ。

しかし、今はN氏の家の1室を宿借りさせて頂いちゃって、結局助けられてばかり。

今回は、この辺で失礼します。

本日、分かったことでビックリな事がありましたが続きは次回( ^ω^ )

下記Instagram・Twitterに写真などアップしてます。

宜しければ、御覧下さい。




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram








2016年9月11日日曜日

バリ島・お酒の話し編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

人気観光地、バリ島へお越しの方々は何を1番の楽しみにしてますか?

タナロット岬で夕陽を眺めながら、愛を語り合う。

高級ヴィラで、贅沢な時間に酔いしれる。

楽しみ方は、色々あると思います。

そんな中で、今回はお酒の話しをしたいなと。

旅を楽しむなら、現地の風土を満喫しない事には旅も半減してしまうのではないかなと。

高級ホテルのディナーよりも、リアル・バリニーズな食事は『 ワルン 』と呼ばれる

庶民の食堂で食べてこそ、バリ島だな〜と感じます。

そこで、本題のお酒。

お酒好きには、やっぱり現地のお酒を飲む事も旅の醍醐味のひとつではないでしょうか?

バリニーズのお酒と言えば、『 アラック 』です。

観光客の多くの方は、ビンタンビール片手に街を散策されています。

確かに、ビンタンもバリ島で1番の飲まれてるビールではありますが、要はハイネケン。

バリ島に来なくても、違いは名前だけなんで日本でも幾らでもハイネケンなら飲めます。

やはり、バリニーズにこよなく愛しされているお酒は、アラックなんです。

アラックはココナッツを原料とした蒸留酒で、先にバリ島と言いましたが

インドネシア全土で最も、愛されているお酒です。

各島々により、製法が違う様で多少の味の違いがありそこもまた、旅の楽しみ方かなと。

各地元のアラック飲み比べなんて、なかなか通な旅となる筈ですよ。

さて、インドネシアの代表的なアラックにも2種類あります。

白い白濁した、分かりやすく言うとドブロク。

または、マッコリの様なアラック。

もう一つは、クリアーなかなり強いアラック。

もっぱら、アラックといえばコッチです。

蒸留の過程でこの2種類出来るみたいです。

購入先は、これまたワルンのおじちゃん、おばちゃんから。

ビニール袋に入れて、ハイどうぞ(≧∇≦)

もしくは、ペットボトルでハイどうぞ( ^ω^ )

購入量により、2人分程度だとビニール袋が多いですね。

飲み方は、ライムと氷だったり最近私達の中でお気に入りは。

ストレートだったり。

ショットグラスで、回し飲み。

これが、バリニーズスタイル。

ゆっくり飲むとか、あまりなく回ってきたら飲み干す。

結構、ハードな感じですね。

私の場合、良き仲間が気を使ってくれてゆっくりで良いよと、言ってくれますが。

どこかで、飛び入りで飲む事になったらそうもいかず、泥酔です。

おもてなしの心に富んだ、バリの方の歓迎の心なんです。

しかし、日本大使館の広報からの通達によりますと、観光でバリ島に来る日本人に対して

アラックは危険なので決して飲まないようにと、警笛を鳴らしてます。

今年もあったのですが、エタノール混入アラックによる死亡事故。

死亡事故が毎年、増加してるのか減少してるのかは私も定かな統計を持ってる訳では無く

はっきりした事は分かりません。

しかし、昨日クタビーチ近くで飲んだ人が死んだよ(≧∇≦)

と、普通に聞きます。

私は、誠の心を持った仲間に守られていますし、彼らもまたアラックをこよなく

愛してますから、粗悪なアラックなんて飲みませんし、判別がつきます。

だから、安心して飲めますが気を付けて飲まないと確実に意識を失います (≧∇≦)

だいたい、日本と違いアラックタイムはいきなり始まり、ロングタイムです。

朝から夜まで(^○^)

夜から朝まで(≧∇≦)

夜から朝まで(≧∇≦)

これぞ、バリニーズ。

また、外で飲む事が殆どです。

なので、普通に歩いているととてもフレンドリーなバリの方々なので一杯飲んできな( ^ω^ )

なーんて、良く声を掛けられます。

そんな事から、先日も近くを通ったフランス人に一杯どうだい?

そして、アラックを酌み交わす事になりました。

俺は酒大好きとの笑顔での参入でしたが、数杯でベロベロ( ^ω^ )

しかし、楽しい時を過ごせました。

アラックを全く知らない人には、どんなものか?

分からないところだと思いますが、簡単に言いますとテキーラみたいな感じですね。

ショットグラスで、グイグイ飲む。

もしくは、ライムと氷を瓶に入れてそこにアラック投入。

グイグイ飲む。

はたまた、ビンタンビール割りと警笛を鳴らすのも分かるストロングな飲み方。

ショットグラスでグイグイ飲む。

これがバリで愛されて止まない、アラックです。

旅の楽しみ方も色々ですが、是非一度。

良き仲間と共に、バリ島の空の下でアラック・タイムを体感して欲しく思います。

しかし、無理な飲み方には注意(≧∇≦)

私も、何度か意識が無く気付いたら家で寝てたなんて事はザラです。

御利用は計画的に(≧∇≦)



2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram





2016年9月7日水曜日

バリ島・女神との出会い編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

神々の国・バリ島 ( ^ω^ )

しかし、私のバリ島での生活は決して順風満帆では無くどちらかと言えば・・・

前途多難な幕開けで始まり、現在進行形・・・

で、あります。

前回、お話ししましたクレジットカードが使えなくなった事により、

現金が手もと無い生活をかれこれ、1ヶ月ほど過ごしてます。

そんな中、バリ島の心優しく頼もしい仲間に支えられ

食事やアラックまで御馳走になりながら何とか生きています。

しかし、いつまでも甘えているのもいけませんし、大人ですから自立しなくては・・・

そこで、安心安全なバリ島観光案内を日本の方に出来ないものか?

勿論、ソシアル・ビザですので仕事はしてはいけません。

しかし、死活問題ですし同郷の方のお役に立てて食事が食べれる程度の

御礼金を頂く事くらい、神々の国は許してくれるのでは無いのか?

完全な、私の解釈ですが早速レギャン通りの友達のサーフショップ前にて

道行く同郷は居ないか?

日がな一日、通りを眺める生活が始まりました。

しかし、今年は前年のテロの影響なのか?

分かりませんが、ハイシーズンにも関わらず日本人は数える程しか居ません。

しかも、最近は彫りの深い顔と日焼けが影響してるのか、日本人に見られなくて。

良くて、バリ人(^○^) たまにイラン人?

話しかけても、警戒される始末。

そこで、作戦変更( ^ω^ )

話しかける段階で、私日本人。

完全にカタコトですね。

最近は、英語とインドネシア語を話してますので日本語が下手になったみたいです。

えー現地の人かと思ったー。

だってカタコトだもんと笑われる始末です。

しかし、浅知恵での仕事は簡単には上手くいかず連絡先を渡しても梨の礫。

焦れば焦るほど成果も上がらず。

そんな中、初めてとても素敵な女性。

Y◯K◯さん( 以下Yさん )が、Instagramにてメッセージをくれました(^○^)

早、1ヶ月で始めての連絡でした。

Yさんは、初の海外はバリ島だったみたいでして、私と一緒で何か共通点があるー( ^ω^ )

勝手に親近感を覚えてしまいました。

御迷惑をお掛けしました。

食事しますかとの、お話しまでなったのですが文無しの私ですから、正直にお話して

次にバリ島に来られた時までに、何とか復活してますので御馳走させて下さい。

そう、話させていただいたところ御快諾いただけました。

とても、楽しみです。

日本に帰ってからも私のInstagramに。

いいね❤️

して下さる心優しいYさんには、感謝してます。

未だに、カードに関しては再開してなくて後1週間程で新しいカードを

私の日本の最高の友、Kちゃんが送ってくれますので入出金はできる様になります。

しかし、私の本来のカードにお金は入ってるのでそれが動かせない以上は

まだ、苦しい生活は続きますがYさんやKちゃんの励ましを盾に頑張ります。

ではこの辺で。




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram






2016年9月4日日曜日

バリ島・同郷編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

高級リゾートに海外セレブも、虜になるこのバリ島。

物価の安さもありますが、日本の外食ディナー代でバリではとんでも無い、

高級気分が満喫出来ちゃう(≧∇≦)

そんなバリ島で、私はリアルバリニーズを追求すべく、

食事はもっぱらワルン( バリの食堂 )で、観光地のレストランなんて利用しません。

しかし、至って大満足なバリ島ライフを送っております。

さて、今回は同郷編と題しましたが、バリ島ライフでストレスが無いかといえば

嘘になります。

第1位は、人肌恋しさ (≧∇≦)

第2位は、日本食

個人差あれど、この辺は結構デフォルトかなと思い私もここに、

一抹の寂しさを覚えるのであります。

古巣デンパサールでの、2ヶ月の修行を終えバリ島の観光地としても名高い、

クタのアパートに越して、3日目。

何とこのアパートに、バリ島プロフェッショナルな女性が2人も滞在されていました。

最初にお話しさせて頂きました、Mさんは残念ながらあと2週間ほどで

帰られてしまうのですが、インドネシア語はペラペラだし、バリの風土も熟知した

とても、魅力的な女性でした。

そして、本日もう1人の女性が滞在してるとの話しでしたが、

とても大きなバイク事故に遭われた方がおられると聞いてました。

その方、Sさんが無事に退院され今日、部屋の方に戻られました。

Mさんの計らいで、直ぐに御挨拶させて頂く機会を得まして、お話しさせて頂いたのですが

Sさん、Mさんに負けず劣らずバリニーズに精通されていますお方で、

個人情報ですので、多くは書きませんが私と近い地域の御出身だったり

何と言いますか、人柄がとても良いのが一目で分かり話して然もありなん( ^ω^ )

とても、良くして頂きました。

ストレスの、人肌恋しさの部分におきましてこれ程、

頼りになる方も居ないのでは無いかと、思われる程の心の温かい方との出会いでした。

やはり、初海外で長期滞在と云う私の話しにも、素晴らしいと言ってくれるこの2人の

大先輩には今後も、学ばせて頂ける事が多いと思います。

加えて、第2位のストレスであります食事面ですが、

Sさんはなんと日本で料理人をされて居たという、敏腕料理人 (^○^)

今度、機会があったら日本食が食べたいな〜って、図々しくも楽しみにしています。

しかし、同郷編と題しまして書いていますが、寂しいなら帰れば良いなんて御意見も

あるかも知れませんが、またそこは違うんです。

やると決めたらやり通す。

その先に見えるものってやった人にしか分からない、絶景が待ち受けてるんです。

だって、一度の人生ですから楽しく行かなきゃって思います。

では、この大先輩方に負けない様に頑張って自分歩きを楽しんでみます。

しかし、長期滞在で同郷の方との交流は相当な力になります。

インドネシアの方々も、皆良い人が多いです。

しかし、文化や育った環境がまるで違いますからお互いの常識が違うんです。

コレって、同じ日本人でもトラブルが起きるのって自分の常識という

我を人に押し付ける時だと思います。

その辺を、相当に意識してもやはり時間が掛かるものです。

人付き合いって( ^ω^ )

では、また ( ^ω^ )




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram