2016年12月28日水曜日

バリ島の屋台・カキリマ編 ~ The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

バリ島。。。

海外セレブも多く訪れる、世界有数の人気観光地です。

愛される理由は様々です。

人の数だけ楽しみ方は多種多彩でしょう。

そんな、バリを愛する私の今回のテーマは・・・

バリ島のワクワクする名物???



・・・『 カキリマ 』 ( K a k i L i m a )・・・


を、御紹介したいと思います。

『 カキリマ 』






???カキリマとは???


語源は、2本足の人間が2つの車輪がついた屋台を引き。

止める時に1本の木でブレーキする。

人間の足2+車輪の足2+止め木 1=5

なので・・・

足( カキ )が5( リマ )本だから、カキリマだそうです。


予断ではありますが、インドネシア語の特徴として・・・


ナシゴレン・・・ナシ( 米 )をゴレン( 炒める )だから、ナシゴレン。。。

         日本のチャーハンですね。





このカキリマですが、現代ではバイクタイプだったり、屋台の車輪が3本の安定したもの。

と、進化を遂げています。

このカキリマで売られているものは、多種にわたります。

それこそ、バリ島のソウルフードは全てあるのではないでしょうか???

以前にも書いたことがあるのですが、何でこんなに???

バリ島はワクワクするのかな???

その答えのひとつに、私が挙げたことに・・・


『 毎日がお祭りみたい 』


と、いうのも1日中、日本の縁日のような雰囲気なんです。

日本で云うところの、縁日の屋台が毎日見られる事に。。。

子供の頃のあのワクワクが日常なんて・・・

7ヶ月こちらに住んでますが、いまだに止まらない楽しさの秘密はこれだなと。

それが、カキリマなんです。

カキリマ料理で代表的なものを御紹介しますと・・・


BAKSO



BAKSO( バクソ )とは、バリ島のおでんみたいな食べ物。

練り物系の団子・厚揚げ豆腐・キャベツ・もやし・マロニーチャン的な食材。

味付けは、サンバルというバリの辛い味噌・ケチャップ。

バリの言うケチャップとは、日本のソースもケチャップと言います。

入っているのも、トマトケチャップとソースで甘めな味付けとなっています。


その他、バリ風ラーメンだったり色々なものがあります。

バリ島で感じたのは、食べることが好きな方たちだと思います。

やっぱり、暑いですから体力をつけなくてはいけないから自然と良く食べるのかもしれないですね。

しかし、食文化的には色々あるようで日本人の私が食べると。

味付けの関係でしょうか?

同じ様に感じることも多々あります。

しかし、観光等で訪れた方は異国の食文化を楽しむには充分な品揃えではないかと思います。

これから、観光等で来られる方是非ともカキリマ発見の際はチャレンジしてみて下さい。

リアル・バリニーズを体感できる事、間違いありません。

では、今回はこの辺で・・・






2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年12月25日日曜日

不浄の手 or 知識とのギャップ編 ~ The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えします。

世界有数の観光地・バリ島。

常夏の島に魅せられ、バリ島の虜となりリピートしてくる方も多く居ます。

そんなバリ島のコアな情報をお伝えします。

まずは、メリークリスマス!!!

早いもので、バリ島に住みだして7ヶ月が過ぎました。

初海外でしたので、正直カルチャーショック的なことも多くありました。

そこで、今回はバリ島・海外生活で文化の違いの一般概念で知っていた知識との違い?

そんなネタをお届けしたいなと。

その、異文化も聞けば納得の・・・

『 理に適った 』 理由にもとづいた行動。

なるほどな~と納得だったり、アレッ?良いのそれ?

なーんて事をお伝えします。

さて、一つ目の題材は・・・


  1. 不浄の手

皆さんは、インドネシア文化の『 不浄の手 』はご存知でしょうか?

簡単に言いますと、『 右手は食事用・左手はトイレ用 』

食事の際や、人に物を渡すときは右手で行う。

左手で行う事は失礼に当たります。

そんな文化があります。

基本、宗教的な観点や手で食事をするという文化が当たり前のインドネシアではそうなっています。

私も、インドネシア渡航前にインターネットで調べたところ???

あちこちの、サイトで左手は失礼ですから気を付けてと書いていました。

日本人は、基本的に箸文化ですし『 米 』を手で食べるという文化が無いですから。。。

そこで誤解が生じますが、おにぎりやパンは手で食べるじゃんと・・・

根本の食事スタイルが違うんです。



バリ島で愛されている、バビグリン


          



上記写真は、スプーンとフォークが付いてますがローカルの方はこれを上手に右手のみで食べる。

分かりやすく言うと、日本の『生姜焼き定食』を手で食べる。



生姜焼き定食

「生姜焼き定食」の画像検索結果
これを素手で食べる感覚です・・・



もう少しリアルに言うと、上記の美味しそうなしょうが焼き定食・・・

茶碗のご飯を素手で食べ、肉もまた然り。。。

箸文化の私たちにとり、理解しがたい事ですがこちらの文化的には普通。

しかし・・・


ここから、一つ目の知識とのギャップ編です。。。


やはり、2016年という文明社会が進んだ中。

現代社会には異文化交流の流れが多くあり。

特に、バリ島なんかですと観光地ということもありますので、現代では必ずしも手で食す???

と、いう訳でもなくなってきました。

大体の小さなワルンでも、スプーン・フォークは置いてあります。

また、最近の若者なんかは普通にレストランではフォーク・ナイフを使ってます。

しかし、不浄の手を紐解いてみると理に適っている部分があったんです。

最初にも書きましたが、右手は食事・左手はトイレ

そうなんです、やはり年間常夏の島ですから感染症等の衛生面も考慮された。

なので、食事は右手でトイレで使う左手は予防もかねて使わない。

とても、理に適った決まり事なんですね。

先人の生活の知恵がギッシリ詰まった行動なんです。

しかし、現地で生活してみるとチキンなんかは骨と肉を片手では困難ですから両手を使いますし。

食べるときでも、左手でちらほら食べる人も多く見かけます。

臨機応変、対応してるんじゃないでしょうか???

ただ、知識として人様の国にお邪魔するわけですから覚えていて損は無いかなと思います。

 

    2. 日本人の恥ずかしい英会話


知らずに使っている日常会話、海外に来てみて分かった事ですが中卒には厳しい現実が・・・

恥ずかしい体験を多くしました。。。

例えば・・・

スケルトン・・・透明なものの総称として使う日本人・・・

上記スケルトンなる言葉、日本でも普通に常用英語のように日本人は使います。

しかし、この言葉が日本に上陸したきっかけを紐解くと良く分かります。




1998年・初代「 i Mac G3 」

   「マッキントッシュ 初代スケルトン」の画像検索結果



スケルトン (Skeleton) は、元来、動物や人間の全体的骨格を指す。

近代ラテン語(近世以降、新たに作られた学術的ラテン語)の英語風音訳。

英語では、骨組みだけのような簡素な構造物や。

電力設備の系統図(配線図)の意味でも用いる。

この様に、日本人が理解して使っている意味とは全く違うのです。

そこで、スケルトンなる言葉が広く日本に浸透したのは。

上記写真の『 i Mac G3 』スケルトンが発売された時から使われるようになりました。

本来は骨格が見えている斬新なデザインに対して命名されたものです。

そこを、日本人は透明なものと解釈したわけですね。

なので、その他も多数ありますが海外で話をすると全く意味が通じないことが本当に多い。

その他、簡単な例をあげますとあまり使う機会は無いのですが・・・


『 ベッドタウン 』

ベッドタウンとは、都心へ通勤する人の住宅地を中心に発達した、大都市周辺・・・

と、言った意味で使われていますが。。。

実際、外国人の方にその意味を聞いてみると???

『 ラブホテル街 』

と、言う意味だそうです。

ちょっとした話しの中からたまたま、出た言葉に・・・

話しが噛み合わないので???

何かなーと???

詳しく聞いてみたら、それはラブホテルって意味だよと。

外人さんからすると???

多くの日本人の家族が最近はラブホテルに住んで仕事に行くのが流行ってる???

なんて国なんだ最近の日本って!”#$%&

そう聞こえていたのですね。

大きな、知識とのギャップですね。

この話しも、たまたま日本語の分かる知人が居たので分かりましたが。

私が早く語学力の向上をしないことには、大きなミスコミュニケーションに発展する可能性もあります。

以上、不浄の手と知識とのギャップ編でした。

文化が違うとか言う前に、自分自身の知識の無さをしっかりと考えなくてはいけないな。

そう考える今日この頃であります。

では、この辺で・・・




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram






















2016年12月21日水曜日

バリ島・ Wi-Fi ルーター編 ~ The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

現代社会において、インターネットの普及率は年々、高まっており携帯電話は一人一台。

それが、当たり前の世の中となってきました。

ガラケーユーザーも、まだいるとは思いますが・・・

因みに、日本ではガラケー販売をもうしないと大手通信会社は言ってます。

しかし、インドネシアでは町のあらゆるとこに小さな携帯個人代理店の様な店があります。

そこでは、まだまだガラケー全盛で販売していますしユーザーが沢山います。

予断までに・・・

しかし、スマートフォンの普及は皆んなの生活を格段に進化させたのではないでしょうか?

さて、インドネシア・バリ島にてロングステイ中の私。

Wi-Fi さえあれば、ある程度のことが出来ます。

逆に無いとやれる事の幅が縮まってしまう現代ですね。

今回は、バリ島で私が使用してまる Wi-Fi ルータについてお話しします。

先日、6カ月使っていたルーターが壊れてしまいました。。。

無いと確実に不便なため、新たなものを買うことにしたので、写真等も交えて御紹介します。

今後の、バリ島観光や長期滞在をお考えの方のご参考になれば幸いです。

インドネシアにて一番の大手通信事業者は。

『 Telkomsel  』( テレコムセル )

日本の『 docomo 』 と考えて下さい。

やはり、最大の通信事業者なのでその人気も高く、信頼熱い会社の様ですが。

その他、『 Indosat 』 ( インドサット ) XL ( エックスエル )

日本的にいうと、『 ソフトバンク 』や『 au 』と、考えて頂ければ分かりやすいかと。

しかし、私の使っていますルーターは、テレコムセルでも上記他社でも無く・・・

『 smartfren 』 ( スマートフレン )と、いう会社です。

たまたま、知人のバリ人に連れて行かれて価格も安かったので購入。

この、スマートフレンで私が初めて買ったのがこの機種。


ANDROMAX M2Y
壊れてしまった現物です。


買った瞬間こんな話しを聞いての使用スタート。

たまたま、デンパサールのスマートフレンショップに買いに行ったら・・・

こちらに長くお住まいの日本人御夫婦がいらしたんです。

よくよく、話しを聞くと?

すぐに壊れるし修理交換を一切しない。

次の日壊れて持ってきた時もあった様ですが、何かしら傷を探し・・・

あなたが壊したから、私達には責任は一切無いとの一点張りだったそうです。

その時、すでに私は支払いを済ませた後だったので、時既に遅し・・・

嫌な話を聞いたなーと、購入して帰ったという経緯がありました。

なので、前評判に不安を覚えました。

しかし、6カ月で壊れてしまったし日本製ではなかなかあり得ない事ですが。

使用感はそこそこ満足いきました。

若干の問題点としては、機種が異常に熱を持つ事。

これは、他の方のブログでもちらほら見かけました。

対処法として、アイスノンみたいな物をカバンに入れて本体が濡れない様にする。

アイスノンをタオルで包み、冷却しながら使ってるなんて方もいたみたいです。

私は、さすがにそんな事しませんでしたが。

バリ島は、とにかく暑い。

それを考慮したら致し方のない事んなのでしょう。

私のした対処としては、使わない時は電源を切っておくとか・・・

その程度で、それもバリ島に慣れていない最初の頃で、後半は普通に使ってました。

そこそこ、サクサク使えてはいました。

しかし、6カ月程度で壊れるというのは?

私の対策不足?

バッテリーのクオリティーの悪さ?

たまたま、機械の当たり外れ?

分かりませんが、新たな冒険して違う機種買うなら、同じので良いやと思える程度の使用感でした。

そこは、個人差ありますが使用感以外にも良しとさせる物として、価格ですかね。

日本でルーター買うと、数万円したりするじゃないですか?

しかし、何とスマートフレンのこのルーター価格。

最新機種で、Rp300,000 ( ¥3000 )程度。

買ったその場で、サービスデポジットが付いてきますので、すぐに快適なネットを楽しめる。

このブログも、勿論そのサービスデポジットでやってます。

さて、今回購入したのはANDROMAX シリーズの最新機種。




ANDRO MAX M3Y 4G LTE



商品の箱


次の添付写真が本体ですが、前作よりも大きくなってます。

モバイル系は、本体が小型化していく中で大型化には、少々???

よくよく、聞いてみるとバッテリーが長時間対応との事・・・

確かに、バッテリーの持続時間には若干の不満がありましたので、良しとします。。。

手持ちの写真にて、大きさが伝わるでしょうか?

使用感が分かるよう手持ちにて
大体、鞄に入れてますが・・・

分かり辛いかな???

因みに並べると、こんな感じです。

厚みは薄くなり、全体は少し大きくなりました。


左が旧機種
右が新機種



さて、今回新しいのを購入するにあたり気になる事が・・・

それは、壊れた前機種で使っていたSIMカードにデポジットしたばかりだっったんです。

単純に勿体無いな~と・・・

結果から言います。

大丈夫でした!!!




旧機種の中


SIMがスタンダードSIM



新機種の中

マイクロSIMになりました。



旧機種のSIM

マイクロSIMに解体可能!!!

もともと、小さく出来るようカットが入っていたため簡単に解体可能!!!

デポジットを無駄にせずに済みました。

最初の方でも述べましたが、バリ島では携帯関係の小さな個人代理店の様な店が多くあり。

基本、そこで観光に訪れた外国人の方やローカルは携帯にデポジットします。

携帯契約の際に、日本同様の月払いプランも存在するようですが。。。

基本的に、デポジット型がデフォルトですね。

なので、私のルーターもデポジットが無くなると街の代理店でデポジットします。




プリペイドカード

デポジットの場合。
Rp100,000からです。

上記カードが代理店にあるのでこの価格に Rp4,000 を手数料として払えばOK。

この価格で、5GBチャージされます。

バリの人達には、以前に話しましたが給料が入ると直ぐに全部使ってしまう・・・

そんな傾向にありますので、デポジット式のシステムというのは合っているみたいです。

それこそ、ガラケーにデポジットする金額。

Rp20,000 ( ¥200 )とかです。

私も、現地のガラケーも持っているのですが、頻繁に通話する訳ではないですので・・・

1回のデポジット額はその程度の額です。

リアルな話しますと、本当に通話が少ないので7ヶ月住んで、トータル額は・・・

Rp70,000 ( ¥700 )程です!!!

さすがに、ローカルの方はメールもしますし、通話もするのでそこそこデポジットしてますが。。。

以上、私のWi-Fiルーター購入記でしたが、要はデポジットが無駄にならず良かった!!!

というのが、伝えたかっただけの内容で申し訳ありません。

しかし、今後バリ島にお越しの方コスパの良いこのルーターはお勧めです。

ご参考になったでしょうか?

あとは、基本フリーWi-Fiが使える場所もバリ島には多く存在します。

動画等のダウンロードは良く行くコンビニの椅子に座って、コーヒー飲みながらのんびり。

そんな感じが、バリ島では良いかもです。

コンビニには、だいたい椅子とテーブルがありますので。

何ヶ所か、お気に入りのスポットを見つけておけばエンジョイ・ライフ間違いなしです。

では、今回はこの辺で・・・




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年12月18日日曜日

ソシアルビザ・シンガポール編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

さて、今回は以前に取得しました6ヶ月のソシアルビザが期間満了。

そのため、2016年12月2日に、2回目のビザ取得のためにシンガポールに行ってきました。

2回目のシンガポール渡航となります。

前回は6ヶ月前に、不安な気持ちを胸に・・・

とにかく、ドキドキでした。

と、言いますのも海外旅行をした事のなかった私には未知の世界に飛び込むようなもの。

まず心配なのが、言葉の壁・・・

バリバリ、中卒の私は会社経営をしていたとはいっても、それは優秀な社員に恵まれた。

だから出来た事であり、海外に出て思いましたが勉強しとけば良かったなーと・・・

英語が全く駄目なんです。

最近、ブレークした 『 ピコ太郎 』 のPPAPレベルの語学力!”#$%&

シンガポールに行くにあたり、別にガイドが同行する訳でもないですから・・・

とにかく、不安に駆られるシンガポールへの初渡航でした。

しかし、そこは大人ですから嫌々と言っても始まりません。

何とか、そこそこのトラブルもあったのですが何とかビザ取得を終えることが出来ました。

さて、今回ですが2回目の渡航です。

逆に胸躍るくらいの気持ちでのスタート。

百聞は一見にしかずですから、一度経験した私は適応力だけはあるのでノリノリ。

しかし・・・

慢心はダメだなと思う旅となりました・・・

その辺は、途中でお話しします。

まず当日の流れを順を追ってお話しします。

バリにロングステイを御計画の方のビザ取得の参考になれば幸いです。

さて、シンガポールでのビザ取得の利点は日帰りで出来るところ。

しかし、その分朝が早い。

私のこの日のスケジュール。


AM 3:00 ・起床

AM 4:30 ・デンパサール空港出発ロビー着


朝4時30分・先客達は夢の中・・・

静かな空港・・・

QZ-502・シンガポール行きに搭乗

上記写真ですと、まだチェックインオープンの表示は無いのですが写真を撮った瞬間にオープン。

なかなか、幸先の良いスタートに心躍る想い・・・

1つ目のチェックインゲート

前回は、ここからして大行列だったので心配したのですが、今回は空いていました。

そして、中に入り荷物とチケットの確認。

私の場合、預け荷物は無いのでチケットの確認のみ。

ここも、今回は空いていて最高でした。



チェックインカウンター
チケットと預け荷物の確認
デンパサール空港の場合、チェックインカウンターの左に行くとすぐに下の添付写真。

イミグレーション・カウンターの看板がありますので、非常に分かりやすいです。

もし、分からなくても全員がイミグレに行きますので、ついていけば大丈夫。


チェックイン・カウンター終了後
左に進むと看板あり。
カウンターからも見えるので確認できます。

そして、イミグレーションカウンター。

正面から写真を撮ろうとしたら、注意されたのでそっと後ろから撮りました(笑)


イミグレーションカウンター
後方より撮影

イミグレ抜けたら、ほぼ安心。

時間に余裕のある時は、免税店でも散策するも良し。


多くの免税店があります。

私の場合、日帰りで帰りますから免税店には立ち寄らず・・・

実は、インドメシアって生野菜を食べる文化が無いんです。

他の諸外国でもありますが、特にバリ島は年間通して常夏・・・

食材が痛みやすい傾向にあります。

そのため、魚は素揚げ野菜は炒めるなりボイルするなり、火を通します。

刺身・生卵も食べないですね。

唯一、身近で生野菜というと???

ナシゴレンに付いてくる、一切れのキュウリくらいでしょうか?

その、キュウリですら残しているバリの方を多く見かけます。

そんな、食文化で私が最近欲していた食材が。

生野菜!”#$%&’


愛しのサラダ!!!

少し割高ではありましたが、我慢できずに食べちゃいました。

それはもう、格別でしたよ。

ドレッシングがやはり、バリ向けの甘めのソースでしたがそれはそれで。。。

美味しく頂きました!!!

そんなこんなしている内に、夜も明けてきましたね。



夜明けのデンパサール空港


前回は、飛行機の時間が1時間遅れるというトラブルがあったのですが、今回は定刻通り。

いよいよ、出発です。。。


窓際だったのでワンショット


ここから、2時間程度のフライトとなります。

私の場合、前日2時過ぎまで仲間とアラックタイムを満喫していたため寝不足・・・

なので、気付いたらシンガポールに着いていた。。。

そんな、感じでついに・・・

シンガポール到着!!!




到着時のシンガポール空港

前回は、ここから急いでタクシーに乗ってエージェントオフィスまで向かったのですが。

しかし、今回は勝手知ったるは何とかで。

普通にMRT( 電車 )を使い現地のドビーゴート駅まで行きました。

シンガポールのMRTはなかなか充実しています。

案外、シンガポールって狭いんです。

MRTがほぼすべての都市を網羅し、乗り換えも簡単。

日本で言えば、中央線と総武線が交わる程度のレベル。

降りた目の前が乗換えと直通となっているケースばかり。

なので、これからシンガポールへご旅行を考えています方、またビザで行く方。

確実に、MRTを使ったほうが簡単、安上がりです。



乗り換え駅でのワンショット


先ほども言いましたが、乗り換えも降りたホームの反対側が乗り口なので凄く安心です。

また、下の添付写真を見ても分かるとおりとても清潔・安全です。


MRT車内

そんなこんなで、順調に現地に着いたのですが・・・

ここからの、写真というのが全く無いんです。

その理由というのが、12時までに着けばいいと聞いてましたのでMRTで行き帰りは良いなと。。。

そう考えての全計画・行動でした。

目的時間の1時間前にあたる、AM11時にエージェント・オフィスに着いたところ・・・

第一声が。



『 遅い、もう終わりだから今日は出来ない。
  
  何時にシンガポール着いたんだ?

  帰ってくれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  』


なんて事だ?

こちらは、大パニックですよ・・・

しかし、そこはすったもんだした挙句に一応対応してくれました。

そしたら、書類不備にてまた怒られる・・・

その内容が、本人証明写真の背景色がインドネシアの場合赤なんですが白に変わったと・・・

またまた、凄い剣幕で怒られながらも現場で撮影してくれたのは良いのですが。。。

写真代で35シンガポールドルを取られてしまい、結局MRT使ったのが何なのか???

まさに??????

そんなこんなの、ドタバタ劇にカチンときてしまいその後は近くの公園で不貞寝・・・

気付いたら、パスポート受け渡しの時間の4時となり、MRTにて空港に戻り帰宅の途につきました。

なので、最初に計画していたカフェにも行かず、ご飯も食べずで・・・

御紹介しようと思いました、写真が無いという体たらくにて申し訳ありません・・・

ソシアルに必要な書類に関しては。

『 ソシアルビザ・延長編 』

にて、詳しく書いています。

そこにも、本人証明写真背景色の変更についても触れています。

しかし、もしかしてシンガポールのエージェントが機嫌が悪く・・

チップ代わりに言った事じゃないのか?

そんな疑心暗鬼も無いではないので、証明写真については要確認してください。

唯一ある写真は、帰りの便を確認するために撮ったこの写真のみ・・・


シンガポール空港内

そして、だいぶ端折りましたが無事帰国・・・

飛行機の中で、ヤバイ写真何も撮らなかったと後悔・・・

唯一、デンパサール空港出てからの良く分からない写真です。



空港側の路上にて・・・

以上、シンガポール情報が不足してしまい歯抜け投稿となりすみません。

旅は計画通りに行かないことも多々あると思いますが、そんな時も慌てずに。

対処しましょう。

では、この辺で・・・




2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年12月14日水曜日

バリ腹編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

年間通して常夏の島・バリ島。

セレブ率・リピーター率・ハッピー指数・・・

トップレベルのここ、バリ島。

住んで納得の、常夏の島・バリ島です。

さて、そんな良い事ばかりのキングオブ観光地バリ島ですが・・・

たまには、日本人が観光に来た際に気を付けたい事を、お伝えします。

まー言っても、たまにバリ島のコアな部分はお伝えしてきてはいるのですが・・・

そこそこありがちなイラっとする事。

それこそ、バリ腹。

書生、健康優良児こそが『 我が誉れ 』という位元気印のおじさんですが・・・

バリ島滞在、7ヶ月も過ぎた今更ながら、腹を下しました。

ここ、3週間程ですが毎日毎日、汚い話ですが下痢に悩まされる日々。

健康だけが唯一の取り柄の私にあって、なんたる事だ!!!

今までたまの下痢はあるにせよ、3週間も続く事はなく?

日々のアラック( バリの火が付く程の強い酒 )で、腹を下したのか?

そうも考えたのですが、最近アラックにより転んで大怪我。

暫く酒抜きしていたのでそんな事も無い。

先程も言った様に書生、健康だけが取り柄のおじさんです。

逆にここまで続く下痢に困惑。

また、喉も耐えられない程の痛みに襲われ、咳と痰が酷い。

風邪か何か?

しかし、さほど熱っぽくも無いんです。

そこで、腹についてはバリ腹か?

喉についてはタバコの吸い過ぎか?

そう考えた私は、まず最近何を食べてるかな?

基本、宿泊先のお母さんが作ってくれる御飯です。

朝食を済ませたら外に出るので犯人は外食だなと・・・

そこで、最近お気に入りで毎日食べていたものがありました。

ラーメンです。

屋台で売ってる、インスタントじゃないラーメン屋。

フリーwifiがあるコンビニの前に出ていて、それがなかなか美味しくて。

また10,000ルピアとリーズナブル。

毎日、2食程食べてるなーと。

結果、食べるのやめて1日で下痢も止まり、2日目には喉の痛みも嘘の様に消えました。

それが、原因か分かりませんし営業妨害になるので・・・

今回は写真等の掲載はしません。

多分日本人にはスープのソースだったりが合わなかったのかな?

そんな所でしょうか。

そのお店自体、大変な人気店ですし味も美味しいです。

バリの方々は食べ慣れた食材だから大丈夫な様です。

毎日の楽しみにしていただけに、少し寂しくはありますが・・・

7ヶ月も生活して、バリの食事にも慣れたはずでも、こんな事があるのが海外生活です。

今後、観光で来られる方はリアルバリニーズを探求される事が、楽しいのですが・・・

お腹の弱い方は、ローカルのワルンや屋台での食事は気をつけて下さい。

バリ腹、結構キツイです。

では、この辺で・・・

sampai jumpa lagi...


追伸

このブログ書いてアップするスケジュールの関係上、数日経ちました。

何故か分かりませんが、またバリ腹再発・・・

今回も、またキツイです・・・

以上御報告までに・・・





2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram

2016年12月11日日曜日

スマトラ地震編 〜 The Not-So-Bad Life of a Broke Backpacker

インドネシア・バリ島を日本人の視点からお伝えしてます。

今回は、悲しいお知らせです。

ニュースを見て御存知の方も、多いかと思いますが、2016年12月7日午前にスマトラ島にて・・・

マグニチュード6.5強の大きな津波がありました。

現在の最新情報によりますと、死者91人(7日夜時点)にも上ると言われています。

なんとも悲しい事であります。

昨今、日本も私の年代でも記憶の古いところでも・・・

新潟県中越地震、阪神淡路大震災、東北地震・・・

そして、記憶に新しい熊本地震と・・・

地震大国日本とまで言われてしまうほど、多くの災害を経験しています。

自然災害の恐ろしさ。

私達に出来る事はあるのでしょうか?

最近の技術進化により、多少なりの地震予測は可能になった昨今といえ。

予測が出来ても、まだまだ出来る事の少なさに不安を覚えるところであります。

日頃から、震災に備えるとは言っても計画を立てた家族が必ずしも一緒とは限りません。

仕事中の日中であれば、大黒柱の父親が居ない中での震災直撃。

その時点で、家族の計画、予備対策に綻びが出ます。

そんな時は慌てずにと、よく簡単にコメントするコメンテーターがいますが・・・

そんな簡単な事ではありません。

そんな時、やはり地域行政の日頃からの災害対策等が被災者の方にとり大切なんではないかと。

行政ばかりに負担を掛けず、そこでボランティアの方々の暖かな支援。

人は1人で生きてないと実感させられます。

今回のスマトラ沖地震、1日も早い復興を願います。

では、この辺で・・・





2017年4月 更新

ーーー と、その前に重大発表!”#$%&’ ーーー




ーーー バリ島で仕事始めました ーーー





下記に添付しますのは、ガイド資料となります。

宜しければご覧ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリの歩き方
     日本人のための日本人によるバリ島ガイド 』



簡単な、資料となりますが興味のある方は是非ご覧ください。

日本人スタッフは、私「 トモ 」と「 タツキ 」となります。

よろしくお願いいたします。




ーーー これだけじゃありません ーーー





これだけでありません!!!

インターネットが盛んな昨今、欲しい物はネットショッピングなんて方も多いのでは???

そこで、私たちは。

『 バリ島お買い物代行 』


リアルな現地のバリの民芸品なんかが欲しいな~

そんな方のために、欲しい商品・ご指定ショップ・値段交渉。

お家に居ながら現地の商品を、買い付けるお手伝いをいたします。

買い物手数料、Rp100,000 (日本円850円・為替変動あり)

宜しければ、下記添付資料をご覧頂き気軽にご相談ください。



『 じゃらん・じゃらん。。。バリ島買い物代行 』





終わりに・・・

せっかく、現地に居るのだからやっぱり日本人のためになる事が出来たらいいな。

そんな、コンセプトで始まりました。

皆様がご満足いただけるように頑張りますので、よろしくお願いします。

では、この辺で・・・


sampai jumpa lagi...



下記Instagramと、Twitterに写真も載せてます。

Instagram